施工管理を俗称標記変更で求人公募

施工管理と求人

施工管理の世界へ求人を導こう

施工管理を俗称標記変更で求人公募

普段私達が何気なく「現場監督」と言っている人達いますよね?。

でも実はそんな名称の職種は、この世の中に存在しないのをご存知でしょうか。

実は「現場監督」は俗称で、本来は「施工管理(せこうかんり)者」が正しい名称の様です。

しかし「施工管理」なんて名称には馴染みがなさすぎて、求人サイト等でその名前を目にしても、ピンと来ないのではないでしょうか?。

その為「現場監督」と標記している会社も多いはず。

昨今震災の影響もある上、「施工管理」には色々な種類があるので、その分「施工管理」の各分野で、人手不足という事態がおきています。

しかし余りに「施工管理」と云う名称は、一般的に馴染みがない為、敷居が高く感じられたり、最初から何だか難しい…と云うイメージを植え付けてしまい兼ねない気もします。

施工管理は資格の重要度が高い職種でもありますが、会社や施工管理研究所が、資格取得の為のサポートをしてくれる事もある為、今は無資格でもチャンスはあると云う事ですよね。

それならばいよいよ、多くの人がこの世界に、足を踏み入れるきっかけを作る為にも、求人サイトで俗称を全面に押し出す事は、手っ取り早い人員確保の一歩なのかもしれません。

Copyright (C) www.asteriuspress.com. All Rights Reserved.

施工管理と求人